くすみ予防の洗顔方法

MENU

汚れをしっかり落とす、とっておきの洗顔法

「汚れ残りによるくすみ」を出さないために、肌の汚れを落とすことはとても大切。クレンジングで浮かせたメイク汚れ・皮脂汚れを洗い流す「汚れ落としの仕上げ」となるプロセスが、洗顔です。

 

肌に負担をかけず、汚れを効率的に落とす洗顔をマスターしていきましょう!

 

洗顔はやはり、「きめ細かい泡洗顔」がおすすめ

肌に負担をかけにくく、汚れ落としの効率がいい洗顔の基本としては、やはり、泡洗顔がおすすめです。

 

「適量よりも少し多めの洗顔料」を清潔な洗顔ネットに取り(洗顔石けんを使用している場合は、洗顔ネットで洗顔石けんをこするようにして取る)、洗顔ネットには少しだけお湯をかけて泡立てていきます。洗顔ネットの水分が多すぎると泡がゆるくなってしまいますので要注意ですよ!

 

きめ細かく、「泡立てた泡を手に取ったら、その手を逆さに向けても落ちたりしない」というレベルの強いコシを持った泡を作りましょう。

 

ただし、天然の泥を使った洗顔料など、「泡立てないタイプの洗顔料」としてメーカーが開発している特殊な洗顔料は、無理に泡立てずに、メーカーの使用法にしたがいましょう。

 

洗顔もすすぎも「やさしくソフトに」が鉄則!

きめ細かくコシのある泡を作ったら、クレンジングと同様に、Tゾーンとあごから先に指の腹で洗いましょう。
そして頬や目の周り・口元は、手全体で顔を覆って、その手を小刻みに上下左右に動かして、泡のクッションを肌の上で転がすようにして洗います。

 

これなら肌にほとんどダメージを与えず、汚れだけを効率的に泡に吸着させて落とすことができますよ。頬の外側やこめかみなどは「洗い忘れ」が多いポイントですので、この辺りまでしっかりと泡を行き渡らせて下さいね!

 

すすぎはシャワーを顔に直接当てるのではなく、35〜37℃程度の、「体温レベルのぬるま湯」を洗面器に入れて、その湯を手ですくって丁寧におこないます。
バシャバシャゴシゴシ洗わず、やさしくすすぎましょう。もちろん、洗面器の湯は何度か入れ替えてきれいなすすぎ湯で洗って下さい。

 

髪の生えぎわ・小鼻・頬の外側やこめかみは、特にすすぎ残ししやすい場所ですので、気をつけて下さいね。

 

すすぎ後の水分拭き取りも、タオルでこすったりせず、「顔の上からタオルでそっと押さえる」という形にします。

 

肌に負担をかけない「手作り天然スクラブ」を入れるのもおすすめ!

「泡洗顔だけでは汚れ落ち効果が不安」という人は、とっておきの「手作り天然スクラブ洗顔」をやってみるのもいいですよ。

 

天然スクラブの作り方は簡単!市販の糸こんにゃくを買ってきてそれを軽くゆでてから、包丁で細かく切り、さらにそれをミルサーやすりばち・包丁の背などで徹底的につぶしたものを、スプーン3分の1くらいの量ずつとり、小分けにしてラップに包み、冷凍するだけです。
これで、天然のスクラブである「こんにゃくスクラブ」が完成しますよ。

 

こんにゃくは解凍して水分を足せばやわらかくなるので、スクラブで心配になりがちな「肌のひっかき」が起こりにくく、しかも汚れの吸着効果が高いんですよ。

 

そして、このこんにゃくスクラブは、使用日の前日には冷凍庫から出して冷蔵庫に映し、1日かけてしっかりと解凍しておいたものを使います。

 

洗顔料を泡立てる際に、洗顔料と一緒に洗顔ネットにこんにゃくスクラブをつけて泡立てれば、あっという間に天然スクラブ入り洗顔料が完成しますよ。

 

顔の汚れ残りが特に気になる人は、数日に1回くらいのペースで、このとっておきの「こんにゃくスクラブ入り洗顔」を試してみるのがおすすめです!