紫外線によるくすみを予防

日焼け止めの正しい使い方

UV対策の強い味方となってくれるのが、日焼け止め。

 

しかし、日焼け止めは、「肌に刺激を与える成分なども使われている」というのが事実で、言ってみれば「紫外線の害を避けるために、使わざるを得ない必要悪」のような存在でもあるのです。

 

その「必要悪」である日焼け止めの「悪」の部分の影響を最小限にするための、正しい選び方・使い方をマスターしていきましょう。

 

透明なタイプの日焼け止めはNG!?

「白い日焼け止めは、白い色が残ってしまうから透明なタイプのほうがいい」と、透明タイプの日焼け止めを選ぶ人も多いですが、実は透明タイプの日焼け止めは、皮膚に非常に負担がかかる紫外線吸収剤を配合している可能性がきわめて高い、というのをご存知でしょうか。

 

日焼け止めに使われる日焼け止め成分としては「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があるのですが、紫外線吸収剤は、紫外線を吸収した際に化学反応を起こし、皮膚炎などのトラブルの原因となりやすいのです。

 

ですから日焼け止めを選ぶなら、透明タイプではなく、さらに「紫外線吸収剤不使用(フリー)」と書かれているものを選びましょう。
紫外線散乱剤は、粒子が物理的に紫外線をはじき返すだけで、肌の上で化学反応を起こしたりしにくいので、肌トラブルリスクも少なくて済むのです。

 

また、SPF値やPA値が高い日焼け止めは一見頼もしく見えますが、この数値が高ければ高いほど、肌への負担も強くなるので、「ずっと外にいる」という人でもない限り、基本的にはSPF20〜30・PA++程度のものを選ぶのがおすすめです。

 

日焼け止めの正しい使い方

では、適切な日焼け止めを選んだら、正しい使い方をマスターしていきましょう。
まず、日焼け止めというのは、「ある程度の量を使わないと、表示されているSPFやPA値どおりの効果が出ない」というものなのですが、実際に、それだけの効果を出そうとすると、顔だけでも500円玉大くらいの使用量が必要となってきます。

 

ですが・・・それだけたっぷりの量の日焼け止めを実際につけると、どうしても白残りしますし「大量の日焼け止めがとにかく肌になじむまでがんばる」と何度も肌をこするのは、肌へのダメージが大きくなるのでおすすめできません。

 

ですから「紫外線が強く当たる部分に重ねづけ」という方法で、使用量を抑えましょう。

 

まずは、手のひらに1円玉程度の大きさに日焼け止めが広がるぐらい取って、そのうちの3分の2くらいの量を、やさしく顔全体に伸ばし、なじませます。

 

そして、残り3分の1を、鼻筋から眉間・頬骨・目じりの少し出っ張ったところ・あご先など、「顔の中でも、骨が高く出ているところ」に、重ねづけしていくのです。指の腹で、ごく軽い力でたたくようにして重ねづけをなじませていくのがおすすめですよ。

 

そして日焼け止めの重ねづけも終わったら、顔全体を軽くティッシュで覆い、そっと上から、両手のひらで押さえて、日焼け止めの余分な油分などをティッシュオフしましょう。

 

こうすることで、日焼け止めの白浮きがほとんど目立たなくなるだけでなく、メイクの崩れも起こりにくくなるのです。

 

メイクで使うファンデーションは、パウダーファンデーションまたは練りファンデーションを使いましょう!
これらはリキッドファンデーションやクリームファンデーションよりも粒子が多く、紫外線をはじき返す効果が高いだけでなく「ファンデーションを肌の上に乗せるだけなので、リキッドタイプのように、よけいな油分を無理やり肌にすりこむようなことはしなくて済む」という、肌へのやさしさのメリットもあるのです。

 

つまり、「強すぎない・使いすぎない日焼け止め+パウダーまたは練りファンデーション」の2段構えでUV対策をする、というのが正解だというわけですね。

page top