たばことくすみの関係

MENU

すぐにやめよう、タバコは「くすみ発生器」

「長年の喫煙をしている人で、本当の美肌を保てている人なんて居ない」という説を、あなたは聞いたことがありませんか?

 

実際にあなたも、周りのヘビースモーカーの女性を見てみると、たとえきちんとメイクをしていても、「肌にツヤが無くて不健康そう」「やつれて見える」「毛穴が目立つ」などといった、美肌とはほど遠い状態になっているのが分かると思います。

 

そんな「美肌の大敵」であるタバコは、当然のことながら、くすみを発生させる大きな要因にもなってしまいますよ。

 

■タバコがくすみを発生させる理由
なぜ、タバコがくすみを発生させる大きな要因になってしまうのかというと・・・
それには、以下のような理由があるからです。

 

〇ニコチンによる作用で毛細血管が収縮してしまい、血行不良状態となり、顔色も悪く見えるようになる。
〇タバコの煙に含まれる一酸化炭素の影響で血液が酸欠状態となり、血液そのものをどす黒い色に変えてしまい、これがますます顔色を悪くする。
〇タバコの煙に含まれる有害物質の数々が大量の活性酸素を発生させ、肌細胞そのものを老化させ、ハリやツヤを失わせる。
〇さらに、その活性酸素に対抗しようとメラニンが増殖するので、過剰なメラニンによるくすみやシミも出やすくなる。
〇美肌のために野菜やフルーツ・サプリなどでビタミンCを補給しても、タバコの煙による有害物質が片っぱしからビタミンCを破壊していくので、せっかく摂取してもその効果が得られない。
〇タバコに含まれる黒いタール色素は、肺だけでなく皮膚にもある程度沈着するため、これが肌を黒く見せることにもつながりかねない。

 

・・・いかがでしょうか。こうして見ると、タバコというのは「くすみを発生させる要因」どころか「くすみ発生器そのもの」と言っても過言ではないほどに、さまざまな悪影響を与える存在だということが分かりますね。

 

■禁煙なしでくすみ解消はありえない!?
そんなわけで、喫煙習慣というのは、「いずれ肌がくすんでしまうことは避けられない」という状態を生み出す行為と言えます。

 

もしあなたが喫煙をしているのであれば、今すぐ喫煙を決断しましょう!

 

ここではさまざまなくすみ改善・解消のためのノウハウなどもご紹介しますが、ハッキリ言って、どれだけノウハウの実践をがんばっても、「タバコを吸うのをやめられない」という状態のままでは、すべてが水の泡です。

 

タバコによる害というのは、すぐれたノウハウのメリットをすべて打ち消してしまうほどに強烈なんですよ。

 

喫煙している人は、今すぐ手持ちのタバコ・灰皿・ライターなどをすべて処分して、さらに家族や職場の人たちに禁煙宣言をしてみましょう。「禁煙する」ということをあえて多くの人に知らせることで、「またタバコを吸いたい」とつい逃げてしまいそうな甘えを断ち切るのです。

 

タバコの禁断症状は、禁煙開始から1〜2週間ぐらいたてば、かなりおさまってきます。つまり禁煙は「最初の1〜2週間の精神力が勝負」というわけですね。

 

「口さみしさをまぎらわすのにミント系のガムを噛む」などといった王道の禁煙ノウハウだけでなく、スポーツやカラオケなどで気を紛らわせる、というのも意外といい手です。

 

あと、禁煙直後は「禁断症状のひとつとして、強い眠気がくる」という人も多いので、「禁煙開始からの数日間だけ、朝にスタミナドリンクを飲む」という方法も意外と有効です。スタミナドリンクは、眠気を飛ばして気をシャキッと保つことと、タバコのない口さみしさを紛らわすことと、その両方に役立ってくれますよ。