お風呂でできる簡単くすみ対策

MENU

湯気スチーム&顔ツボ刺激によるくすみ改善

血行不良によるくすみを改善するのに効果的なもののひとつとして「顔のツボ刺激」が挙げられますが、このツボ刺激を入浴中に行えば、お風呂の温熱効果による血行促進作用も同時に得られるのでより効果的です。

 

湯船に浸かっている時間を利用して、くすみ改善を目指していきましょう!

 

湯船から出る「湯気」を利用しよう!

「湯船に入ってツボ刺激」というだけでも、温熱効果とツボ刺激効果の両方が得られるのでおすすめですが、さらにおすすめなのが「湯気のスチーム効果を利用する」というプラスアルファです。

 

湯気をうまく活用するポイントは、「湯船のフタは全開にせず、顔が出ている部分だけを開ける」「大人用のシャンプーハットを使用して、湯気が上に逃げないようにする」という2点です。この2つの工夫をするだけで、なかなかのスチーム効果が得られますよ!

 

こうして顔に湯気スチームを当てられる状況が整ったら、顔ツボ刺激を始めていきましょう。

 

この顔ツボを刺激しよう!

ではさっそく、顔ツボを刺激していきましょう。

 

まず刺激したいのは、頬骨のすぐ下にある「ケンリョウ」というツボと、そこから指1本分くらい内側にある「コリョウ」というツボです。ケンリョウには人差し指、コリョウには中指を当てれば、両方同時に刺激できて効率的ですよ!

 

次に刺激したいのは、眉頭(眉の根元)のすぐ下のくぼみにある「サンチク」というツボ。目の周りの血行促進に特に効果的です。

 

そして仕上げは、こめかみにある「タイヨウ」のツボを刺激しましょう。
これだけのツボを刺激すれば、かなりの血行促進効果が期待できます!

 

顔ツボ刺激のコツと注意点

さて、ご紹介してきた顔ツボの刺激には、いくつかのコツと注意点があります。

 

まず、ツボ刺激の方法は、「指の腹で、下から上に押し上げるようにする」というのがコツ。まっすぐツボを奥に押し込むように押すよりも、下から上に押したほうが、ツボの効率刺激がいいのです。

 

次に、「ツボは数秒間押してからパッと指を離す」という、メリハリをつけたツボ刺激をおこないましょう。「ず〜っと長時間押し続ける」というのは、正しいやり方ではありませんよ。

 

そして注意点としては「あまり強い力でツボ刺激をしない」というのが挙げられます。

 

特に、目の近くにあるサンチクのツボは、非常にデリケートなので強く押すのは禁物ですよ!やさしく、ソフトな刺激を心がけましょう。