頭皮マッサージによるくすみ対策

MENU

シャンプー時の頭皮マッサージで顔も明るく元気に!

「頭皮マッサージは、血行不良によるくすみ解消にも効果的」というのを、あなたはご存知ですか?
頭皮というのは顔のすぐ近くにあり、しかも頭部には特にたくさんの血液が流れています。ここの血行を改善すれば、その改善のパワーが顔にまで届く!というわけですね。

 

特に、シャンプー時の頭皮マッサージは、入浴の温熱効果で血行促進効果がより高まるのでおすすめです。

 

というわけでここでは、顔にまでしっかり血行改善効果を届けるための「シャンプーしながらの頭皮マッサージ」をご紹介しましょう。

 

シャンプーしながらの頭皮マッサージの手順

では、やってみましょう。
まずはお湯で軽く噛みと頭皮を流してから、シャンプーを「お湯でしっかり温めた手」で取り、手の上である程度泡立ててから頭皮につけます。

 

そして、頭皮につけたシャンプーは、10本の指の腹を使って、頭皮の上をさするようにして、頭皮全体にしっかりとシャンプーの泡を行き渡らせましょう!

 

頭皮全体にシャンプーが行き渡ったら、次は、指の腹で、下から上にギザギザの線を描くようにして、頭頂部分までマッサージします。
すべての指をしっかりと使って「マッサージのやり残し場所」が無いようにするのがポイントですよ!

 

そして仕上げに、両手の指の腹で頭をしっかりとつかんでは離す、というマッサージを何度か繰り返しましょう。

 

最後は、シャンプーの泡を髪全体にさっと行き渡らせてから、しっかりとすすぎをしましょう。

 

シャンプー時の頭皮マッサージの注意点

シャンプー時の頭皮マッサージには、いくつかの注意点があります。

 

まず、「頭皮に爪を立てず、必ず指の腹でマッサージをする」ということ。爪を立てては、頭皮にキズがついてしまいますからね。また、たとえ指の腹を使っても、強すぎる力でこするのも禁物です。

 

次に、「できるだけ頭皮のみをマッサージするように心がけ、髪はあまりクシャクシャといじらない」ということも大切。濡れた髪はデリケートなので、なるべくダメージを与えないよう心がけなければいけません。髪の汚れは、「最後にシャンプーの泡を行き渡らせて洗い流す」というだけで、じゅうぶん取れますよ。

 

あと、すすぎは必ず40℃以下のぬるめのお湯で、普通のシャンプーよりも念入りに、しっかりと頭皮をすすいで下さい。
マッサージをした分、頭皮にはすみずみまでしっかりとシャンプーの成分が行き渡っているので、サッと流すだけでは洗い残しの部分が出てしまう可能性大ですよ。